神奈川県横浜市泉区弥生台のやよい台動物病院は犬・猫を診療するペットクリニックです。祝祭日にも対応する地域のホームドクターです。

  • 標準
  • 大
  • 特大
2018/7/10
●重症熱性血小板減少症候群 (SFTS)
SFTSは近年ダニが媒介性する病気として発見されました。
主な症状は発熱と血液を固めるための細胞である血小板が減少します。重症例では亡くなってしまうこともあります。
以前はマダニに咬まれることでで感染すると考えられていましたが、昨年になって、SFTSに感染したネコやイヌから人への感染の可能性が指摘されています。

診断
動物において明確な基準は確立されていませんが、発熱、白血球減少症、血小板減少症、食欲消失等の症状が認められ、さらに入院を要するほど重症(自力採餌困難等)で、かつ他の感染症が否定された場合に、SFTS ウイルスの感染について疑います。
確定診断にはウイルス学的検査が必要とされています。

予防
マダニに咬まれないことが重要です。
ただ残念ながら内服、滴下式などどんな予防薬であってもマダニに咬まれるのを完全に防ぐことは難しいのが現状です。

詳しくは以下のサイトをご参照ください。

厚生省 重症熱性血小板減少症候群(SFTS)について
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000169522.html

国立感染症研究所 重症熱性血小板減少症候群(SFTS)について
https://www.niid.go.jp/niid/ja/sfts/3143-sfts.html
●狂犬病予防注射を接種される方へ
平成27年4月より病院窓口での注射済票の交付が可能となりました。
狂犬病の予防接種をうけるかたは、必ず三連の用紙(封書)をお持ちください。
お持ちでない場合病院での手続きが出来ないことがございます。

なお、集合注射を受ける方は、1ヶ月以内の混合ワクチン接種は避けてください。
詳しくは、スタッフにお尋ねください。
●ホームページをリニューアルしました。
●求人のお知らせ
当院では獣医師、トリミングスタッフを募集しております。
雇用条件の詳細については、お気軽にお問い合わせください。
Tel 045-814-0343
<募集職種>獣医師・トリミングスタッフ
リンク集ページを追加しました。
●台湾で狂犬病が発生しました。
隣の台湾で野生動物(イタチアナグマ)に狂犬病の感染が確認されました。
台湾は日本同様世界でも数少ない狂犬病清浄国のひとつでした。

医学の進歩が目覚ましい現代においても未だ狂犬病の治療法は確立されておらず、発症した場合の死亡率は100%とされています。毎年世界中で約5万人の死者を出しているといわれています。

日本では長い間、犬の狂犬病は見られていませんが、数年前には海外で感染した方が日本に戻って発症したことがありました。
HOSPITAL
  • 受付ごあいさつ、トリミングとペットホテルについて、院内紹介。
    専門の先生と定期的に研究会をしています。
    →動物病院紹介へ
  • 犬犬・猫を診療します。腫瘍の治療に力を入れています。
    →診療案内へ

  • 外観相鉄いずみ野線「弥生台」駅より徒歩4分です。
    →診療時間・地図へ

やよい台動物病院

〒245-0008
神奈川県横浜市泉区弥生台27-3
TEL:045-814-0343

Link